ABOUT

Masaaki Miyazawa
Masaaki Miyazawa
Miyazawa

●宮澤正明( みやざわ まさあき ) 写真家◎1960 年東京生まれ。 日本大学芸術学部写真学科卒業。卒業時に日本大学芸術学会奨励賞。85 年に赤外線フィルムを使用した処女作「夢十夜」でニューヨークICPインフィニティアワード新人賞。2014年伊勢市観光ポスターにて日本観光ポスターコンクール総務大臣賞。 近年特に神社仏閣にも関わりが深く、2005年伊勢神宮第62 回式年遷宮の正式記録写真家として活動を開始、2013 年10月に行われた遷御の儀までの間に6万点に及ぶ作品を奉納し、写真集も数多く出版する。その他出雲大社大遷宮、阿修羅像で有名な奈良興福寺、春日大社第60回式年造替など全国の神社仏閣を50社寺以上撮影。 また映像作家として、伊勢神宮の森をテーマにしたドキュメンタリー映画『うみやまあひだ~伊勢神宮の森から響くメッセージ~』を初監督。海外の映画祭に数多くノミネートされ2015年マドリード国際映画祭にて外国語ドキュメンタリー部門最優秀作品賞他の2冠に輝く。これを機に講演会やトークショーなどの活動が増える。 その他広告、CF、エディトリアル、ファッションの分野でも幅広く活動し、人物写真では伊集院静、市川海老蔵、阿川佐和子、菅野美穂など時代を代表する人々を撮り写真集は120冊を超える。 1984年銀座ニコンサロンでの写真展「夢十夜」から2015年富山市ガラス美術館での写真展「森神心」まで国内外で数多くの展覧会を開催している。